これは便利すぎる!できる男がおすすめするスマートウォッチの魅力とは

メンタル
この記事は約10分で読めます。

「スマートウォッチのメリットやデメリットは?」
「スマートウォッチのおすすめメーカーは?」

どんどん高性能になっているスマートウォッチ。
ビジネスシーンでも使用している人も増えましたよね。

以前お付き合いのある社長さんと食事をした際、その社長さんもスマートウォッチをつけており驚きました。
つけている理由を伺うと、やっぱり通知機能が便利とのこと。
ビジネスシーンでは、できる男の条件としてレスポンスの早い対応が必須ですよね。
スマートウォッチはその手助けとなるので、仕事ができる男性には好まれるのかもしれません。

この記事では、スマートウォッチをおすすめする理由や、おすすめメーカーの紹介をしています。

スマートウォッチを購入しようか悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

スマートウォッチの種類

スマートウォッチと聞くと、スマートフォンと腕時計が融合したようなものというイメージを持つ方は多いと思います。代表的なものといえばApple製の「Apple Watch」ですよね。

実はスマートウォッチは大きく分けると2つの種類に分けることができます。
この章では、それぞれのスマートウォッチの特徴について解説していきます。

アナログ時計とスマートウォッチの融合型

「やっぱり腕時計はアナログタイプじゃないと」と考えられている方に是非おすすめしたいのが、ハイブリッドタイプとも言われるアナログ時計とスマートウォッチが融合したタイプのスマートウォッチです。

最近のものでは、時間の表示はアナログで表示し、文字盤にディスプレイが付いており通知や心拍数などのヘルスケア情報を表示してくれます。

複雑な操作はあまりできませんが、アナログ好きの方には非常におすすめです。

電池持ちも優れており、毎日充電が必要ないのも魅力の一つです

画面全体がタッチスクリーンになっているタイプ

もう一つのタイプは、スマートウォッチと言われてまず思い浮かべるであろう「Apple Watch」のようなタイプのスマートウォッチです。

こちらは画面全体がタッチスクリーンとなっており、時間表示もアナログではなく全てデジタル表示となっています。

スマホの腕時計型と言っても過言ではないくらい機能も多く、LINEなどの通知機能の他にもマップ機能であったりキャッシュ機能も付いているタイプのものもあります。

背景画面の変更などもできるので、長期間使用していても飽きない点も魅力の一つですね。

ただ、こちらのタイプは電池持ちがあまり良くなく、基本的には毎日の充電が必要になってくるので注意が必要です。

スマートウォッチでできること

では、スマートウォッチでできることはどんなことがあるのでしょうか。
スマートウォッチでは以下のことが可能となります。

  • 通知を受け取れる
  • 健康管理ができる
  • 地図アプリを使用することができる
  • 音楽を聴くことができる
  • 背景画面を変更することができる
  • タスク管理
  • 電子決済に対応
  • 非常時の機能がある

それぞれ詳しく解説していきます。

通知を受け取れる

スマートフォンと連動していれば、着信やメールが届いた際スマートウォッチからも通知を受け取ることができます。

わざわざスマホを取り出さなくても誰から連絡があったのかすぐに確認できるので、特に急ぎの連絡やビジネスでの重要な連絡などを見逃さなずに済むので便利ですよね!

中には、スマートウォッチで通話したり、メールなどの返信ができる機能もついたタイプもあるので、そういった機能を兼ね備えたスマートウォッチであれば、スマートウォッチで全て完結することも可能です。

健康管理ができる

スマートウォッチを身につけている間は、常に心拍数や歩数などを図ってくれているので、自分自身の健康管理に役立ちます。

運動するにも、ジョギングであれば走った距離やルートなども記憶してくれていたり、消費カロリーなどの計算もしてくれるのでダイエットにも最適ですよ!

地図アプリを使用することができる

スマートウォッチにはGPS機能が搭載されているので、地図アプリを使用することができます。

歩いている時に道がわからなくなっても、スマートフォンの画面を見る必要がなくスマートウォッチでルート確認ができるので、スマートフォンの画面を見ながら移動する必要もなく安全ですよ!

音楽を聞ことができる

スマートウォッチで音楽再生することも可能です。

中にはBluetooth機能を搭載している物もあるので、ワイヤレスイヤホンと接続していればいつでも好きな音楽を聴くことができますよ!

背景画面(文字盤)を変更することができる

画面全体がタッチスクリーンになっているタイプであれば、背景画面を変更することができるので、いつでも新しい時計を身につける気分を味わうことができます。

ちょっとこの時計に飽きてきたなと感じた時は、背景画面を変更しさらに思い切ってバンドも変えると時計を買い替えた気分になりますよ!

タスク管理

スマートウォッチで今日やることなどのタスク管理をすることができます。

スマートウォッチであれば基本的に身に着けていることが多いので、いつでもタスクをチェックすることができ、タスク漏れを防ぐことができますよ!

電子決済

スマートウォッチの多くは電子決済に対応しています。

なので、コンビニなどではわざわざスマートフォンやクレジットカードを出さなくても、腕をかざすだけで支払いが可能です。

ただ、注意点として電子決済に対応しているスマートウォッチは多いのですが、その多くが日本で使用できません
なので、スマートウォッチを選ぶ際は日本でも使えるのか必ずチェックしておきましょう!

非常時の機能

スマートウォッチには転倒検知機能がついているものもあります。

それ以外にも緊急通報機能がついているタイプもあるので、万が一自分になにかあった時でもスマートウォッチが連絡をしてくれるので安心です。

いつ何時何があるかわかりませんので、常に自分の身を守ってくれるものを身に着けていることが重要ですよね。

スマートウォッチではできないこと

しかし、スマートウォッチにもできないことはあります。

この章では、スマートウォッチではできないことを紹介していきます。

アプリをダウンロードできない

スマートウォッチ単体ではアプリをダウンロードすることができない機種が多いです。

なので、必要なアプリがある場合は必ずスマートフォンと連動させる必要があります。

中には時刻調整さえスマートフォンと連動し、スマートフォンで時刻を調整しないといけない機種もありますので、スマートウォッチを持つ際は、スマートフォンは必ず必要だと思っておく必要があります。

スマートウォッチのOSによっては使用できないアプリもありますので、購入する前にOSのチェックは必ずしておくことをおすすめします!

スマートウォッチを選ぶ際の注意点

前の章で説明したとおり、スマートウォッチにもできないことがありますので、スマートウォッチを選ぶ際はには注意が必要です。
自分に必要な機能は何なのか、使用用途は何なのかをしっかり決めてスマートウォッチを選びましょう!

この章では、スマートウォッチを選ぶ際に最低限チェックしておく必要がある部分を紹介しています。

持っているスマホに対応しているかチェック

前の章の説明で気づいた方もいるかもしれませんが、スマートウォッチはスマートフォンと連動していないと基本的には使い物になりません。
なので、購入する際は必ずスマートフォンと連動できるかチェックしておく必要があります。

中には、iPhoneとしか連動できなかったり、Androidとしか連動できない機種もありますのでしっかりチェックしておいてくださいね!

搭載されているセンサーのチェック

スマートウォッチは機種によって搭載されているセンサーがまちまちです。
精度の差も正直ありますので、使用用途によってはしっかり確認しておく必要があります。

使用用途がビジネス目的で、通知機能を主に重要視する方であればそこまでチェックする必要はないかもしれませんが、運動目的で使用したい方は必ずチェックしてください。

GPSを搭載している機種であれば、ランニングした際、走ったコースも記憶してくれていますし距離の測定も正確です。
カロリー計算や心拍数の測定などもスマートウォッチ1つで可能になりますので、精度や搭載センサーの種類もチェックしてくださいね!

機能のチェック

スマートウォッチによっては搭載機能にも差があります。

例えば、Suica機能搭載のスマートウォッチは非常に少ないですが搭載されている機種を持っていれば通勤時にいちいちカードを出したり、スマートフォンを出す必要がなくなります。

現在では、「Apple Watch」や「Garmin」がSuica機能を搭載しておりますので、必要な機能が搭載されているかも必ずチェックしておいてください。

防水機能のチェック

スマートウォッチを選ぶ際は防水機能のチェックも必要です。
特に常にスマートウォッチを身に着けている方は必須ですよね。

基本的に生活防水程度であれば、どの機種も付いていることが多いですが、水泳などでも使用したい方はもっと高性能な防水機能が必要になるはずです。

なので、こちらも使用用途によってはしっかりとチェックしておく必要がありますので、必要な方は必ずチェックしておいてくださいね!

スマートウォッチのデザイン

スマートウォッチのデザインは主に2つの種類、

  • 時計型デザイン
  • リストバンド型デザイン

に分けることができます。

なので、こちらも使用用途によって選ぶ必要があります。

時計型デザイン

時計型デザインは、どんな場面でも使いやすく選びやすい特徴があります。
中には、アナログ時計とスマートウォッチが混ざったハイブリッド型もありますので、ビジネスでも使いやすいです。

プライベートでの使用であれば非常におしゃれなデザインのデジタルタイプのスマートウォッチも今はありますので、きっと選ぶのが楽しいはず!

スマートウォッチを選ぶ際は、デザインを重視してもいいかもしれませんね!

リストバンド型

リストバンド型のスマートウォッチは、時計型に比べて画面が小さく見にくい、操作しにくいと感じる方もいるかもしれません。

ただ、非常にスリムな形をしていますので、身につけていても全く邪魔にならず運動時に着用するにはもってこいのタイプです。

時間の確認よりも、運動時のデータを取りたいと考えている方には最適なスマートウォッチともいえますので、おすすめですよ!

おすすめスマートウォッチメーカー3選

ここでは筆者がおすすめするスマートウォッチメーカーを3社ご紹介します!

Apple

スマートウォッチといえば、「Apple Watch」と言われるくらい認知度が高いですよね。
デザインもシンプルでおしゃれですし、バンドの種類も豊富です。
中には、ナイキとのコラボ商品もありますので、ナイキ好きにもたまらないですよね。

Apple Watchは機能も豊富で、マネー決済が可能であったり、GPS機能も搭載されております。

さらに、緊急通報システムも搭載されており、着用者が転倒しそのまま動きが無かった場合、手首に振動を加えるとともに緊急通報サービスに連絡し着用者の位置情報などを伝えてくれます。

これで1人での外出でも安心ですし、1人暮らしをされている祖父母がいるのでしたらプレゼントにもおすすめですよ!

Garmin

運動時にスマートウォッチを着用するのであれば、是非おすすめしたいのが「Garmin」です。

運動時に必須の心拍計やGPS機能はもちろん搭載されていますし、音楽保存機能もついているのでスマートフォンがなくても音楽を聞きながら運動することが可能です。

重量も非常に軽量で装着しながらの運動でも邪魔になりませんし、ソーラー充電機能が搭載されいている機種もあるので充電切れの心配もありません。

デザインもデジタル表記で非常に見やすいのでおすすめですよ!

HUAWEI

ビジネスや運動時など全てのシチュエーションでも使うことができるスマートウォッチをお探しの方には、HUAWEIのスマートウォッチはおすすめです。

背景画面の種類が約200種類と非常に豊富なので、使用用途に合わせてスタイルを変更することができます。

心拍数やGPSなどの機能も搭載しておりますので、運動時にも問題なく使用することが可能なのも魅力の一つですよ!

まとめ

本記事のまとめ

  • スマートウォッチの種類は2つに分けることができる
  • スマートウォッチでできること、できないことを調べておこう!
  • 購入前に必要な機能などのチェックを忘れずに!
  • 使用目的に合わせてデザインを選ぼう!

スマートフォンユーザーであれば非常に便利なスマートウォッチ。
正直、スマートウォッチがあれば、スマートフォンを使うことがないんじゃないか!?とすら思ってしまいます。

最近のスマートウォッチはデザインも豊富で、しかも高性能です。
仕事の効率化を図ることもできると思いますので、できる男になるためには必須のアイテムなのかもしれませんね。

是非、みなさんもチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました