【ダンディな大人】活躍するおすすめドラマ3選

メンタル
この記事は約6分で読めます。

今回はダンディな男が大活躍するドラマをご紹介します。

ダンディな大人たちはドラマの中ではどの様な立ち振る舞いをし存在感を出しながら、ストーリーに関わっているのかをご紹介したいと思います。

僕がおすすめする日本ドラマのダンディな俳優さんは、どんな渋い演技で作品を盛り上げてそして、どんなダンディなファッションをしているのかにも注目です!!

SUITS スーツ

ダンディな大人が活躍するドラマ、1つ目は2018年10月からフジテレビで放送していた「SUITS スーツ」というドラマです。

この作品は全米でヒットしたドラマ「スーツ」の日本版となっており、

見どころはなんと言っても主演の織田裕二さん演じるエリート敏腕弁護士「甲斐正午」とHey!Say!JUMPの中島裕翔さん演じる頭脳明晰で一度見たものは忘れない完全記憶能力を持つフリーターの「鈴木大貴」とのやりとり

甲斐・鈴木の周りにいる人たちとの人間関係などが見どころとなっています。

この甲斐と言う人物は渋くてダンディなんです。

人物像は自他共に認める優秀な男で頭も切れる反面、非常に傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることも、学歴は東大入学後に、ハーバード大学に留学した経歴を持つエリート中のエリートで、企業の買収や合併、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を担当する事務所の稼ぎ頭。

と言うエリート像なのでドラマで着ているファッションにも注目が集まっており、ドラマで甲斐が着ているスーツを調べた所ドラマ同様オーダーメイドのスーツで代官山にある「TAGARU」と言うオーダーメイド専門店が衣装の提供をしているみたいです。

時計も高級の時計をしており第2話ではカルティエのタンクMCお値段は公式で78万円、第4話では相手弁護士と時計対決をしていた時、甲斐がつけていた時計がヴァシュロン・コンスタンタンのパトリモニーこちらのお値段がなんと300万超え!!

着るものだけではなく身につけるもの全てがおしゃれ、そしてこの甲斐という人物像とてもクールで、弁護士としての困難を乗り越えてきたから誰にも弱さを見せず、そしてあまり多くのしがらみは持たずにひょうひょうとしており常に余裕があるダンディな主人公と言えます。

そしてこのドラマ2020年4月からシーズン2の放送も決まり甲斐のファッションや周りの人たちとどの様に関わっていくのか目が離せないドラマとなりそうです。

SHERLOCK シャーロック

ダンディな大人が活躍するドラマ2つ目がこちらもフジテレビで2019年の10月から放送していたドラマ「シャーロック」

主演のディーンフジオカさん演じる犯罪コンサルタントの誉獅子雄(ほまれ ししお)と相棒の岩田剛典さん演じる精神科医の若宮潤一このコンビのやり取りや、毎回難事件をどの様に解決していくのかと言うところが見どころとなっています。

誉獅子雄の人物像として幼少の頃から犯罪心理学や人間の罪について興味を持つ様になり、学生時代には不可解な事件をいくつも解決したと言う実績があるが、その内面には常に危うさが潜んでいて一歩間違えれば犯罪者に成りかねない危険性を持ち合わせており。

クライアント達からの依頼の中から自分が興味を持ったものだけを請け負う様になります。

ゲームをしている様な感覚で事件を解決する無邪気さをのぞかせたり事件以外のことは基本的には無頓着で扉や冷蔵庫のドアなどを開けても閉めないなどと言う一面もあり相棒の若宮と困らせたりもします。

そんな誉獅子雄のファッションが雰囲気も出ててとてもおしゃれです。

まずはトレードマークの黒のロングコート、とてもミステリアスな雰囲気が出るコートになり実はこのコート神父さんが着用する「キャソック」でコートではなくカトリック教会の神父や聖公会の聖職の平服に用いられる立襟の祭服みたいなんです。

コートの中はシャーロックらしい英国紳士の装いかと思いきや、外国の炭坑夫とか水夫のような労働者風のイメージにしていて

アクセサリーなどの小物の使い方が面白く、首に巻いてるストール実はストールではなくシャツで、そのシャツを切ってストールにしてみたり、指には指輪の代わりにピッキング様に使う針金を指輪がわりにしていると言う面白いファッションをしており

それをしっかりとミステリアスな雰囲気に着こなしているディーンフジオカさんがとてもダンディなので、興味がある方は是非見てみて下さい。

HERO

最後にご紹介するのが、こちらもフジテレビで放送していたドラマ「HERO」

こちらも人気作品でドラマ編2001年から第1期、2014年に第2期、特別編2006年に単発のドラマ、劇場版2007年2015年に2作品が制作された人気作品です。

主演の木村拓哉さん演じる久利生公平と第一期ではヒロインの松たか子さん演じる雨宮舞子と第二期では北川景子さん演じる麻木千佳と久利生が所属する東京地検城西支部刑事部で働く同僚検事方々と捜査活動をし事件の真実を追求をし、間でヒロインや同僚と巻き起こすコメディにも注目のドラマとなっています。

木村拓哉さん演じる久利生公平は刑事さながらの行動派な検事として自ら現場の捜査も行い、その様は検事の仲間たちの間では型破りな検事として知られている。

最終学歴は中卒で高校中退後大検を経て司法試験に合格、過去に友人を庇って起こした傷害事件で逮捕されたことがあり、その際黙秘を通し証拠不十分で不起訴処分を受けており

その事件を担当した沼田検事の「事件を徹底的に調べる」という姿勢が、検事を目指すきっかけとなり、その後の検事としての久利生のバックボーンとなっており、自身も事件を徹底的に調べて真実を追求するという検事となっています。

また、この久利生という検事は行動や考え方が型破りで変わっているのはお分かりになったと思いますがファッションの変わっていて、検事なのにジーンズにダウンジャケット、検事バッジはジーンズのポケットにしまい検察官を証明する時にだけポケットから出し見せるという様なラフなファション

第2期からは首からぶら下げネックレスにしているという大事なバッジもファションの一部にしてします一面もあります。

こんな型破りな検事なのですが仕事に向かう姿勢は真面目で、徹底的に調べるという姿勢はどんな小さなことでも徹底的に調べあげ真実を追求するまで決して諦めないからこそ、周りの仲間が協力し成果を出し認められる。

すぐに諦めてしまう人この久利生公平の様な諦めないでやり続けるという信念を持ってやってみては以下かでしょうか?

まとめ

今回はドラマで活躍するダンディな大人を3作品紹介いたしました。

自分の意思を貫いていく姿少し変わり者だけど自分の好きな事には子供の様に夢中になり無邪気に物事に取り組む姿、周りの人々を巻き込みながら問題を解決する姿勢、作品のイメージに相応しいファッション、そのキャラクターを理解しその人になりきる俳優さんの演技力。

一般の社会にはいない様な人物や環境でもそのキャラクターの様なファッションだったり考え方は参考になると思います。

自分じゃ得られないことや経験がドラマを通して得られる、体験できる、それだけでもみて見る価値はあると思います。

日本にはまだ多くのダンディな大人が活躍するドラマがあります、日本だけではなく海外にもたくさんのドラマがあり、たくさんのダンディな俳優さんがいます。

あなたの目標とするダンディ像に近いドラマの主人公や俳優さんを探してみてはいかかでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました