【贈る相手別】ダンディな男のプレゼントの選び方

メンタル
この記事は約5分で読めます。

彼女や女友達、職場の同僚などに記念日のプレゼントやちょっとした贈り物をするときってあると思います。

そんなとき、何をプレゼントしたらいいかわからない…という男性も多いのではないのでしょうか?

この記事では女性がもらって嬉しいプレゼントの選び方をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

プレゼントの予算

プレゼントの予算は、贈る相手や相手との親密度、自分の収入によって変わってきます。

あまりにも安く見えるようなプレゼントだと相手をがっかりさせてしまいますよね。

何かのお礼やお祝い事でしたら3000円から5000円が相場かと思います。

誕生日や記念日のプレゼントになると、5000円から50000円が相場のようです。

ですが、一概にこれといった金額はありません。

金額よりも、何より贈る相手への気持ちが大事なんですね。

「値段よりも相手を喜ばせたい!」とか、「相手のために一生懸命選んだ!」という気持ちが大事です。

そういった気持ちは、不思議とプレゼントを贈る相手にも伝わるものです。

プレゼントを贈る際の注意点

相手との関係を考える

贈る相手の女性との関係をよく考える必要があります。

例えば、職場の同僚に花束を贈るのはおかしいですよね?

お互いの立場と関係をよく考えてプレゼントを贈らなければ、気持ちがあっても相手を困らせてしまい、逆効果になってしまいます。

プレゼントを贈る理由を明確にする

何も考えず、また何の理由もないのに急にプレゼントを贈ってしまうと、相手が困ってしまいます。

ただ自分の好意だけで贈ったり、自分の好感度を上げたいなどの理由だけで贈ってしまうと逆効果です。

「なんでこの人は私にプレゼントをくれたんだろう…」と、不審に思われかねません。

ですので、例えば記念日だから、この前仕事を手伝ってくれたからなどの明確な理由がある時に、その理由を一言付け加えてプレゼントを渡すと相手にも気持ちが伝わります。

花だけは基本的にNG

彼女に花をあげようと思っている男性も多いと思います。

女性にとって花のプレゼントは嬉しいものなのですが、花だけ渡しても「これだけ?」と思われる場合が多いです。

ですので、なにか他のものと一緒に渡すといいと思います。

花を最初に渡して、その後になにか他のプレゼントを渡すと女性はすごく嬉しく思うものです。

プレゼントは花だけと思わせておいて、後からもう一つプレゼントを渡すと、女性はかなり喜んでくれます。

相手別プレゼントの選び方

同僚の女性

同僚の女性に贈るプレゼントは、3000円くらいのものを選ぶといいです。

あまり高価なものを贈ると相手は気を遣ってしまうので、高くても5000円くらいのものを選びます。

具体的には、会社や仕事で使えるものがオススメです。

あまり派手すぎない少し高い文房具や、デスクの周りで使えるものがオススメです。

女友達

女性の友達に贈るプレゼントは、5000円くらいまでのものを選ぶといいです。

本当にお世話になっている人だと、1万円程度までです。

彼女でもない友達なので、あまり高価なものを贈ってしまうと怪訝に思われかねません。

そこでオススメなのがコスメです。

プレゼントの大定番コスメですが、好みもあるため難易度の高い選択になると思います。

ですがその分、相手の趣味や嗜好にマッチした選択が出来ると、「なんでこれが好きだってわかったの?!」ととても喜んでもらえます。

プレゼントを贈るくらいの友達ですから、親密度はなかなか高いと思います。

ですので普段から相手の趣味をリサーチしておくと、いざプレゼントを贈るときとても楽になります。

彼女

彼女に贈るプレゼントは、社会人だと1万円から3万円くらいが相場です。

彼女へのプレゼントはより喜ばせたいからこそ、とても迷うものだと思います。

ですが、実は彼女へのプレゼントは一番簡単なんです。

というのも、普段彼女と一緒に出かけたり買い物しますよね?

彼女が何気なく「これいいな」とか「これ欲しいな」と言ったものを覚えておけばいいのです。

また、一緒にいると趣味もわかってくるはずです。

その中からプレゼントに適したものを選ぶだけで必ず喜んでくれます。

相手が彼女の場合も、普段からリサーチしておくといざという時悩まずにプレゼントを選ぶことができるんです。

相手を選ばずに贈れるプレゼント

ちょっとしたお礼や、何かのお返しに何を選べばいい悩むことが一番多いと思います。

そんなときは、相手が実用的だと思うものを選ぶといいでしょう。

普段持ち歩くハンカチや、ちょっとだけいいタオルなどがいいと思います。

ハンカチやタオルは何枚あっても困りませんよね?

また、入浴剤などの消耗品も相手を選ばないプレゼントです。

もらった方も消耗品だと気兼ね無く使えるのでかなりオススメです。

まとめ

ダンディな男たるもの、プレゼントにも気遣いを怠ってはいけないのです。

自分の好意だけの「独りよがり」なプレゼントは決して喜ばれません。

今回ご紹介した注意点を抑えれば、プレゼントした相手はきっと喜んでくれます。

また、プレゼントは相手別に金額もものも違ってくるんです。

せっかくプレゼントするなら、相手に喜んでほしいですよね?

適切な値段、適切なものをプレゼントすることで好意がしっかり伝わり、必ず喜んでくれます。

なにより気持ちのこもったプレゼントが一番効果的です。

ぜひこの記事を参考にして、プレゼントで女性の心を鷲掴みにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました