知らずに好きになる色男なコメンテーターの条件とは?

メンタル
この記事は約6分で読めます。

ニュース番組に出演し、事件や情報に対して自分の意見を述べるコメンテーターという方がおられます。最近では専門知識を持った方だけでなく、お笑い芸人や歌手などのタレントも良く見かけるようになり、中にはカッコいい役者さんもいたりします。

たとえ専門知識がなかったとしても、色男やイケメンというだけで発言に影響力があったり、人に好かれたりするものです。そんな人がコメンテーターをしていたら、思わず見てしまいますよね。色男なコメンテーターとはどんな人でしょうか?そして人気なコメンテーターとは?

そもそも色男とは何なのか?何故人々を魅了するのか?ニュース好きな方は人気コメンテーターの秘密が分かるかもしれませんよ!

色男とは?

最近ではカッコイイ男性のことを色男とはあまり言いませんよね?一昔前はテレビでも雑誌でも良く見かけた言葉だと思います。今風に言うならハンサムとかイケメンと呼ぶことが多いですかね?表現の仕方は変わってしまったかもしれませんが、言いたい事は皆さん同じですよね。

同じ言葉に「男前」がありますが、これも今はイケメンと呼ばれる仲間に入りますよね。しかし「色男」とは使われる場面は違うように感じます。「男前」と「色男」は違うのか?そもそも古くからある色男とはどう言う時に使うのでしょうか?

色男と男前の違い

色男とは一般的に女性にモテる男子や美男子のことをさします。男女関係が盛んな男性としての意味合いが強く、言動にフェロモンが溢れている男性ですね。特徴として

ルックスが優れている
異性に好かれやすい

といった容姿に関連する表現の時に良く用いられます。元は歌舞伎の濡れ場を演じる「濡事師」の演者を指していました。その頃から男女の絡みを上手くこなし、表現できる男性を色男と言ったんですね。


男前とはもともと立ち振る舞いや心構えの美しさを表現する時に良く用いられます。性格的な面や、考え方や行動がカッコイイ男性の事ですね。

誠実で一途
頼りがいがある
同性からも好かれる

といった内面的な魅力や尊敬したくなるような場面を見ると、同性であっても「男前だね!」と褒めたくなりますよね。淡白なイケメンが人気の今の時代にはなかなかいないかもしれません。

やはり昔から使い方に明確な違いがありました。どちらかと言うと色男の方が「遊んでるけど気になる」存在で、男前は「誰もが憧れる」存在なのですかね。

ルックスの良くない色男?

先ほど容姿が優れているのが色男だとお伝えしましたが、実はイケメンではない色男もいるのです。

会話をしていて楽しい

とにかく話術が得意で女性を飽きさせません。例え容姿がイケメンでなくても、一緒にいて楽しい男性であれば一緒にいたいと思いますよね。

気遣いが良く優しい

仕事や遊びをしている時、失敗や間違いをすることもありますよね。そんな時に恥をかかないように、さりげなくフォローしてくれる男性にはドキッとしませんか?その優しさと気遣いにトキメク女性も多いですよね。

色気がある

醸し出す雰囲気がどこか人を寄せつける、そんな男性です。さっぱりした清潔感他人を気遣う余裕内面から出る包容力どれもが魅力で見惚れてしまうオーラを出しています。完璧な二枚目よりも女性にモテることが多いはずです。

どの色男タイプでも、魅力的な男性ですよね。こんな人がテレビに出演していたら凄い人気が出ると思いませんか?

モテる?上手なコメンテーターとは?

コメンテーターの上手さ

昨今のニュースショーやワイドショーでは政治や事件、不倫スキャンダルや人間トラブルなど多種多様な情報が飛び交っており、コメントに関しても専門知識や独自性を一方的に伝えるだけでは物足りないと感じてしまいますよね。

そんな複雑で難しい仕事を求められるコメンテーター の上手いなと思うところがあります。

多様な視点と論点を持っている

例えば弁護士さんが傷害事件のコメントをするとして、被害者目線で悲しさを表現するのは視聴者にとってわかりやすいですよね。しかしここで加害者目線で事件を起こした理由や背景を表現すると、事件に深みが出て視聴者の捉え方も様々に分かれてきます。そうなるとその弁護士さんはその事件に対して、興味を持たせたと言う結果が残ります。

無関心にただ知るよりも考えさせられた方が面白いですよね。そこが上手いと思います。

言葉にできない言葉を出せる

現在その場に出ているコメントをまとめて「私も同じ」と言うのも良いのですが、

人の心にある本当に伝えたい言葉を柔らかく伝える

これができるコメンテーター は凄いです。ただ思ったことを言うのではなく、聞いた人が不快にならないように本質を伝えることができるように、話を振られた一瞬で言葉を選ぶ。まさに求められるコメンテーター ですよね。

選ばれる理由

コメンテーター として人気になるにはお伝えした話の上手さと、人に見られる色男な魅力が必要です。「誰もが気づかなかったけど、言われてみればそうだよね」という本質を突いてエピソードに興味を持ってもらう。それが魅力的な人の話であれば尚更面白いですよね。

上手さだけでは物足りない、魅力もあってこそ輝く

これこそが色男なコメンテーター に必須なものでしょう。

色男なコメンテーター  3選

小澤征悦(おざわ ゆきよし) タレント/役者

テレビ番組「スッキリ」に不定期で出演している色男俳優さんです。容姿は誰が見ても色男ですが、さらにコメントをしても面白いと評判で、「適当な感じなのに説得力がある」と人気になっています。

喋りが苦手だという俳優さんは多いですが、小澤さんはナレーションもこなせるなど「声」のお仕事が特に向いているようです。

博多大吉(はかた だいきち) お笑い芸人

福岡で大人気を誇る色男です。芸人らしく空気を読んで面白い発言をしてその場の空気を楽しくしたり、時には厳しくコメントしてちゃんと考えているんだなと思わせる魅力もあります。

甘いマスクと柔らかい物腰を備えているため、まさに色男の条件に当てはまる人だと思います。

梅沢富男(うめざわ とみお) タレント/役者

皆さんも色男なコメンテーターを目指して、カッコよく女性にモテるようになりませんか?!

キレ芸をしながらもお茶の間の叔母様達の人気を独占する色男です。本質を突いた発言をするのにどこか茶目っ気があり、憎めないのが人気なポイント。

元々お芝居で女形を演じる方なので、女性の気持ちをわかっているのかもしれませんね。

まとめ

数多くのコメンテーター がいるテレビ業界ですが、「色男な」は少ないですよね。

話が楽しく飽きない
・気遣いと優しさがある
・言動に色気がある
・考え方や視点が多様
・空気を読んで本質を話せる

以上のことをできる人が色男なコメンテーター といえますが、これは大変難しくなかなかできないですよね?できている人がいるとしたら、調査と努力をして自分をしっかり成長させたのだと思います。
私も職場の会議などでこんなコメントができたら、一躍人気者になれたかもしれないと想像してしまいます!

あらゆる情報が錯綜し、多様な考え方を持つ人が増えた現在では自分の意見を前に出すのも一苦労です。その中でも自分をしっかり持って表現し、楽しく生活できたら良いなと強く思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました