新撰組の色男たち!歴史エピソードに学ぶ「色男」の絶対条件

メンタル
この記事は約8分で読めます。

数々の映画や小説、漫画、アニメ、舞台で取り上げられ、コアなファンも多い江戸時代末期の英雄『新選組』。

元々は江戸幕府を守るために結成された新選組ですが、色男も多く、当時の女性達にも大変な人気があり、いつしか『色男番付』まで作られます。

そこで、新選組にはどんな色男ががいたのかまとめて調べてみました。

歴史を知るには、まず形から入るのも面白いかも知れませんね!

新選組とは幕末の警察隊

新選組(しんせんぐみ)は江戸時代の末期、幕府に仕え、護るために作られた保安組織でした。

新選組の主な仕事は、幕府を倒そうとする人たち等を取り締まり、京都にいる将軍を守る事です。

これは今でいうボディーガードですね。

いつの時代にも権力と戦う人達から偉い人達を守る組織が存在していました。

新選組も、そんな組織の一つだったのですね。

百姓生まれの近藤勇や土方歳三らもまた、武士に強い憧れをもって新選組に入隊しました。

しかしながら、憧れの存在だった武士達自体が、自分たちが守るべき幕府を倒そうとしていたのです。

幕府を守る為に、憧れの存在だった武士たちとやむを得ず戦う新選組の人員も、本当は新選組の隊員でいる事に葛藤を抱えていたのかも知れません。

つまり新選組は決してきれいごとだけで活動をしていたわけではないのでした。
 
それでも幕府の為に命を捧げ切った一生が、多くの人たちの心を打ったとも言えます。

新撰組ではどんな色男が存在したか?

引用元:AnimEigo

新撰組ではどんな色男が存在していたのでしょう?

京都の芸者衆の間では大変な人気だったようで、 新撰組の色男に関する史実としては、当時の屯所周辺の女の方達が作った『色男番付』が残っていたとされています。

当時は『色男番付』で格付けされていた?!

新選組には色男が多かったようで、いつの頃からか、誰が作り始めたのか『色男番付』が自然に作られていった経緯があります。

一番の色男はが土方歳三だったようですが、その他にもどんな隊員たちがいたのか調べてみました。

新選組の『色男』ってどの位いた?

結論を言えば、新選組の隊員の中で写真が残っているのは残念ながら斎藤一、近藤勇と土方歳三くらいしかありません。

なので、その他の新選組メンバーがルックスがどうだったかは確認のしようがなく、あくまで想像の範囲内と言い伝えでしか分からないのが現状です。

写真が日本に伝わったのは江戸時代後期、つまり新選組が活躍していた時代は、カメラ自体が超高級品です。
 
しかもたった一枚の写真を撮るのに何時間もかかるので、撮られる人はその間じっとしていなければなかなかったりと、今では考えられない位に不便なものでした。
 
したがって、新選組がいた時代に撮られた写真がほとんど残っていないのも無理はないでしょう。

ちなみに、写真に残っている近藤勇や斎藤一に関しては色恋沙汰の記述がほとんど残っていなかったので、今回の記事では取り上げませんでした。

沖田総司

新選組の組長トップの沖田総司は『色男番付』の中ではあまり詳しく載っておらず、「いつも壬生神社で子供と遊んでいる変人」と伝えられています。

当時の話によると、沖田は浅黒く背の高い猫背ぎみの男だった説が有力とされています。

沖田が美少年と言われ始めたのは司馬遼太郎氏の小説の創作の影響があったようです。

実際は背も高く、肩の張り上がった色黒のがっちり体系だったといいます。

原田佐之助

新選組組長の1人だった原田左之助。
記録では新撰組幹部の中では一番色男だったそうです。

その次が土方だったという説もあるくらいでした。

ではなぜ一番の色男になれなかったのでしょう?

佐之助の場合は妻子持ちの愛妻家でした。

対して土方は独身だったので「もてた」のは独身の土方の方だったみたいです。

妻子持ちで愛妻家とあっては、基本的に女遊びをする機会も少なく、結果的に『モテる』場面に遭遇しづらい理由もあっかかも知れません。

肖像画すらが残っていないのが残念ですね。

新選組の『美男五人衆』

山野八十八
佐々木愛次郎
馬越三郎
馬詰柳太郎
楠小十郎

ウイキペディアを見てみると、彼ら美男五人衆と紹介されていますが、具体的なエピソードが書かれている文献はほとんど見当たりません。
 
二番手や三番手というのは、いつの時代でも記憶に残りづらいものなのでしょうか?

例えて言うなら、
『日本一高い山はどこか?』は誰でも知っているのに

『日本で二番目に高い山は?』と聞かれたら、ほとんどの人は知らないのと同じ感覚でしょうか。

新選組で一番の色男『 土方歳三 』


土方 歳三(ひじかた としぞう)は、幕末期に活躍した新選組の副長です。

新選組時代は、局長である近藤勇をサポートし、多くの事件で武士として貢献します。

また、新選組隊内では厳しい規律をつくり、鬼の副長として剣豪揃いの隊士たちにも恐れられていました。

なので、京都時代は鬼の副長と呼ばれていた一方で、戊辰戦争の頃には周りから慕われていた史実が多く残されています。

例えば、同じ新選組だった嶋田魁が土方歳三の戒名を生涯常に持ち歩いていたなど、かなりの人徳ぶりを感じさせるエピソードもありました。

混乱の最中だった戦の最中でも、兵士を一人一人周って酒を振る舞い、親身になって相談にのるなど、人間味あふれる優しい一面もあったのです。

また、一部の武士の間では、土方のことを『彼いるだけで周りの空気が清らかな風のような爽やかさを感じる』とも語られています。

そんな土方も、一方ではかなりの女ったらしのモテ男だったギャップも持ち合わせていました。

土方歳三のモテっぷり

土方は17歳の頃、奉公していた所で一緒に勤務していた女性を妊娠させたのが原因で、実家に戻された事もありました。

また、近藤道場に上洛して間もないころ、もらった恋文(ラブレター)を大量に抱えていて、 手紙の多くは芸者さんや舞妓さんからのものも多かったそうです。

そんな土方の魅力を一つ一つまとめると、次の様になります。  

  • 色白で眉目秀麗だった外見 
  • 冷酷そうな雰囲気
  • 和歌を詠むのも趣味

この様に、端正なルックスに白黒入り交じったギャップが最大限の魅力ギャップになり生みだし、女性達を虜にさせていた様子がうかがえます。

土方は35歳で未婚のままこの世を去ってしまいましたが、もし新時代を生きていたら、どんな子孫が誕生していたことでしょうか。

・土方歳三の外見

土方歳三は写真からも分かるように、今の時代から見てもかなりの色男っぷりです。

少し柔らかな眼差し一つとっても人柄がにじみ出ているのか、それだけをとってもモテそうな感じを出しています。

「身長五尺五寸眉目秀麗にして頗る美男子たり」と称されていたほどでした。

ちなみに身長は166センチ位だったようです。

当時としてはこれでも長身だったのですが、体つきはそんなに筋骨隆々という感じではなく体格は普通だったといいます。

「眉目秀麗」な顔だちだったと史実に残っている事から、かなりの美青年であった事は間違いなさそうですね。

新選組の色男に対する女性の口コミ

新選組の色男に対して、現代女性はどのように感じているのか、いくつか口コミを調べてみると、様々な意見がありましたが、それら意見を要約してみると、次の様になります。

  • 土方歳三の写真普通にかっこいい
  • 新選組の隊員たちの生き様が好き
  • エンタメで興味を持った『にわか新選組』ファンに本当の魅力に気づいて欲しい

『新選組の色男 』 ツイッターつぶやき集

新選組幹部は史実でも顔面偏差値高いとかすごいね!?
副長がああで、斉藤一(藤田五郎)がこうで、永倉新八だってカッコいいしねえ。原田左之助も色男だったって口伝あるしな。— ヤマネコ (@ume_yamaneko) July 14, 2016

新選組関連の作品で、土方さん役は色男<男らしさ、士道を描いてくれてる作品、役者さんが好きだな…

もっとまだまだ色んな俳優さんの新選組が見てみたいと思う。— 紫*舞🌸 (@toshizo_kelly) August 5, 2019

【土方歳三】新選組を創り上げた事で己のアイデンティティを確立した男。組織を仕切る手腕ぶりも然る事ながらその色男ぶりに数々の(面白)武勇伝を残してくれている。自分大好きだしね。もし、浪士組に参加せず、日野に残ってたら確実に自由気儘な盆暗生活(文字数#リプできたキャラについて語る— 凛 (@kyoonna_sorairo) November 17, 2015

維新は武田さんは性格等々抜きにして、見た目がとっても好き
あの細目具合と髷とピンクの着物と扇子がとても…
沖田の兄さんが一番性格も見た目も大好きですが…!
武田さんと沖田の兄さんたちの麻雀してる姿はじっくり見てました()
井上さんも土方さんも永倉さんも皆んな素敵で、新選組色男多い好き— 🌈庵狐🧟‍♂️ (@anko_beru) May 21, 2018

新選組を神リスペクトしてるから
やけに色男にパロった漫画はすんごい嫌いなんだけど
真選組は新選組の大切なところ
しっかり守ってくれてるから好き— n a n a m i ¨̮ (@maru_8v8_masa) May 10, 2017

まとめ

これだけ多くの小説や漫画、映画の題材に取り上げられた新選組は、彼らの生き様そのものが多くの人々の心を打ち、今でも熱狂的なファンがいるので、彼らの生き方そのものがまさに色男といえるのではないでしょうか?

そんな新選組の彼らの生き様を見習って私たちも人生を全うしたいものですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました