【アニメ】キングダムの楽しみ方【原作漫画と比較】

メンタル
この記事は約6分で読めます。

先日、友人と飲んでいると「最近のアニメが面白い!」という話になり、
私は「アニメを観るなら漫画を読むよ!」と反論したのですが、
友人は「俺たちが子供の頃に見ていたアニメとは全然違うんだ!」と熱く語り始めました。

私たちの子供の頃のアニメといえば、原作マンガの人気に便乗して儲けたい大人が、
原作の良さを無視してストーリーを引き伸ばしたり、オリジナルキャラクターを出したり、
原作好きなら好きなほどアニメには幻滅させられていました。

私は、今回話題に出てきた”キングダム”も原作マンガは読んでいましたが、
友人の勧めでアニメを見てみました、「確かに昔のイメージと違い面白い!」

そこで今日は「原作漫画好きがお勧めするアニメ キングダムの楽しみ方」
について進めていこうと思います。

キングダムとは?

紀元前3世紀の古代中国の春秋戦国時代末期を舞台に、後の始皇帝となる秦王政と、
秦の大将軍を目指す主人公”信”の活躍を描いた中国時代活劇です。

キングダムの魅力

キングダムの魅力には様々な要素がありますが、特に注目するべき要素が次の2つです。

魅力的なキャラクター!

キングダムの物語は戦国の世を舞台にしていますが、人間ドラマでもあるので、
主人公”信”を中心に強烈な個性を放つ魅力的なキャラクター満載!

主人公”信”が目指す”大将軍”はひとりひとりが主人公と言っても良いぐらい魅力的で、
ただ強いというだけではなく、それぞれが人間離れした強さでありながら人間味があるんです。
特に秦の大将軍”王騎”の存在はキングダムには欠かせない強烈な個性と魅力の塊です。

その他にも、敵の将軍や軍師にも人間離れした強烈なキャラクターが盛り沢山で、
さらに言わせてもらえば、信の部下たちや一般的なキャラクターもまた魅力的です。

秦国のキャラクター

信:キングダムの主人公、飛信隊隊長、最下層である下民から”天下の大将軍”を目指す青年。
政:戦のない世のため”中華統一”を目指す、秦国の若き王で、信と親交が深い。

河了貂 :信率いる飛信隊の軍師、山の民の末裔で、料理が上手な女の子。
羌瘣 : 幻の刺客一族・蚩尤(しゆう)の名を受け継ぐ超強い女剣士 、信の右腕。

王騎:伝説の六大将軍の一人、敵国からも認められる名武将。
昌文君:政に忠誠を尽くす文官で、若き頃は王騎と戦場を駆ける武将だった。
壁:昌文君の副官で、信の兄貴分的な存在で良き理解者。

王奔:玉鳳隊隊長、名門”王家”のエリートで、槍を得意とすし、信のライバル。
蒙恬: 楽華隊隊長 、 祖父は蒙驁、父に蒙武という武人の一族で、信のライバル。

蒙驁:蒙恬の祖父で、「白老」と呼ばれる秦国の大将軍。

王翦:王奔の父で、蒙驁軍の副将、実力は伝説の六大将軍にも匹敵するといわれる。
桓騎:蒙驁軍の副将で、かつては大野党団の首領、ずば抜けた軍才だが性格が残忍。

秦国のワケ有りキャラクター

呂不韋:商人から秦の丞相にまで登り詰めた人物で、秦国の王になろうと企んでいる。
昌平君: 呂不韋『四柱』の一人、天才軍師にして秦軍総司令官。
蒙武:蒙恬の父で、呂不韋『四柱』の一人、己の武力が天下最強であると自負している。

山の民

楊端和:圧倒的な美貌とカリスマ性を持つ山の民の一族を率いる女王、秦国と同盟関係。
バジオウ:山の民一族の優秀な戦士、信からは隊長と呼ばれ信頼されている。
タジフ:巨大な石球を武器とする山の民一族の巨漢の戦士。

敵国・趙国のキャラクター

李牧:趙国『三大天』の一人、天才的軍略家で、信や王騎を何度も追い詰める。
龐煖:趙国『三大天』の一人、国や政治には興味なく、ただ強さを求める軍神。

敵国・魏国のキャラクター

呉慶:魏の大将軍、武力も知力も兼ね備える名武将。
廉頗:元趙国三大天の一人で、魏国に亡命した大将軍。

等々、とにかく魅力的なキャラクターが数え切れないほど登場するキングダム!
私が個人的なお気に入りキャラクターは「王騎の副将”騰”」
飄々としたつかみどころがない性格でいつも無表情! かなりの強さだがその実力は未知数。

ただのバトル漫画ではない!

主人公”信”を中心とした”戦”の物語ではありますが、ただのバトル漫画ではありません、
圧倒的な力の差・兵力の差を知略で攻略する軍師たちの戦いも見逃せない物語で、
キングダムの最大の見所と言っても良いと思います。

大将軍になるためには、兵卒から始め、武功をあげて自分の隊を持ち、百人将、千人将と出世し、
戦の勝利に直接貢献する事を何度も繰り返し五千人将、さらに英雄的な活躍を重ね、やっと将軍、
大将軍となると、もはや一国の王に匹敵するほどの地位なんです。

そんな限りなく不可能に近い目標”大将軍”を目指し、
主人公”信”が武力で成長すれば、仲間の軍師”河了貂”も知力で成長し、
信が率いる”飛信隊”は戦で武功をあげて成長していくのです。

アニメ キングダム 漫画との違い

漫画キングダムの魅力は伝わったかな?と思いますので、
次は、アニメ キングダムについてお話しようと思います。

アニメ キングダムは漫画 キングダムをそのままアニメ化した作品ではありません、
アニメ キングダムと漫画 キングダムの違いは次のような事があげられます。

展開が速い!

これはキングダムだけでなく、他のアニメにも言えることですが、
放送回数が決まっているので、最近のアニメは展開が非常に速いのが特徴です。
アニメ キングダムも第3シーズン突入直前で最高の盛り上がりを見せています。

最近のアニメが非常に展開が速いのは放送回数の制限からくるもので、
他のアニメでは本筋を進めるために、魅力的なキャラクターを設定ごと削ったりしています。

しかし、キングダムではどのキャラクターが一人でも欠けると物語がつながらなくなるほど、
複雑な駆け引きなどが存在するため、決められた放送回数で収めるのが非常に困難なので、
アニメ キングダムを見た時にはどこを削ったのか分からないくらい良く出来た構成です。

つまり、アニメ キングダムに関しては非常に展開が速いが、一切手を抜いていない、
原作漫画を読んだ後でも、読む前でも十分に楽しめる作品となっています。

過激な表現が抑え目

また、原作漫画では戦シーンで、かなり激しい戦いが描かれているため、
お子様にはオススメできない一面があるのですが、
アニメ キングダムでは過激な戦闘シーンはうまく隠しています。

過激な戦闘シーンは隠しながらも、戦の激しさや臨場感はしっかり表現する
非常に見せ方がウマイ作品ともいえます。

また、原作では混戦・乱戦が続き、戦場の把握が難しい場合がありますが、
アニメ キングダムでは、そこをしっかり解説してくれるので非常に見易いです。

原作漫画の魂がそのままアニメに!

キングダムの物語の中では、どちらかが悪で、どちらかが正義と明確に分けることが難しく、
主人公”信”にも秦王政の”中華統一”という目標に賛同し、その為に戦っています。

秦王政の”中華統一”の目的は「国境がなくなれば戦もなくなり泰平が訪れる」というもので、
秦王政側から見れば”正義”なんですが、攻め込まれる敵国からすれば”侵略”です。

秦に大将軍たちが居るように、敵国にもそれぞれ強敵が存在するし、
秦国内にもまだ動かぬ”敵”が控えています。

アニメ キングダムには、まだまだ語りつくせない様々な人間関係や好敵手との対決など、
いまからさらにヒートアップしていく目の話せない物語です!

アニメ キングダムは原作漫画の”魂”をしっかりと表現できている傑作!
と言えると思います。

まとめ

  • キングダムとは? 古代中国で大将軍を目指す”信”と中華統一を目指す”秦王政”の物語
  • キングダムの魅力 強烈な個性と魅力満載のキャラクターと、武力・知力を駆使した戦い
  • アニメ キングダムと原作漫画との違い 非常に展開が速く、見易い、そして原作の魂をそのままに描かれている

もしもあなたが日常に退屈していたり、心が燻っているなら、
是非、アニメ キングダムをご覧になってください!
きっと心を熱くするものが待っていると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました