【キングダム】の輪虎と男の理想像

メンタル
この記事は約4分で読めます。

週刊ヤングジャンプにて大人気連載中の「キングダム」
春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信と、後の始皇帝となる若き王・嬴政の活躍を描く漫画です。
映画やアニメ化もされ、アニメに関しては今年の4月より第三期が始まりました!

今回は個性豊かなキャラクターから、人気のある輪虎(りんこ)を取り上げ
彼の性格や行動から理想の男像を探っていこうと思います。

輪虎ってどんなキャラ?

画像で見ると割と幼い顔立ちで、物腰が柔らかそうに見えますよね?
ですが輪虎は魏軍の将軍であり、廉頗四天王の一人でもあります。
主人公の信と秦の将軍である王賁の二人に襲われても、立ち回ることのできる
非常に強大な武を持った人物です。

そんな彼のどこがカッコいいのか?それぞれ見ていきましょう

芯を持ち、妥協しない

将軍の右腕といっても過言ではない実力を持つ輪虎
将軍家に居たからでは?恵まれていたのでは?と思うかもしれません。実は違うんです!

輪虎は元々戦争孤児であり、廉頗に拾われるまで、今日さえも生き延びれるかどうかという過酷な生活をしていたという描写があります。

廉頗に拾われてから今に至るまでの詳しい描写はありません。ですが
戦争孤児だった輪虎が今の強さ、武力をものにするというのはかなりの努力が必要だと思われます。

自分の仕事に対し誠心誠意取り組む姿はまさに漢!
何があっても投げ出さず、どのような仕事も最善を尽くし最後までやり遂げる。
自分に芯があるというのは同性から見てもカッコいいと思います。

一途で誠心誠意

なぜ輪虎はそこまでして戦うのか?
戦争孤児だった自分を拾ってくれた廉頗への忠誠心と、今度は自分が守れるようにという思いがあるからだと思います。
その思いの強さが今の輪虎の武力に繋がってきているとも思います。
実際、自らを「廉頗の剣」と称し、四天王の中でも飛びぬけて実力があります。

誰かのために一途に、一生懸命になれるというのは男前ですよね!
その人のためなら苦しくても、命を削っても守り抜く。と思ってもなかなか難しいと思います。大事な人を守るためなら、自分に対し妥協を許さず、感情に流されることもなく、ストイックに生きる姿は誰が見てもカッコいいの一言に尽きます。

普段は優しく、仕事はストイックに

戦いの場以外では物腰の柔らかい優しいイメージがありますが
裏では隠密作戦を確実にこなし、敵の将軍や千人将を暗殺することもできる有能な人物です。さらに大部隊の指揮を任されることもあり、部下の扱いや人心掌握にも長けていたと思われます。

このように仕事の時にスイッチの切り替えをしっかりとできる人や
高い行動力と決断力を持ち合わせていることはカリスマ性に繋がってきます。

普段は「〜だよ」「〜だね」といった柔らかい喋り方や若々しく、どこか優しそうな顔つきをしている輪虎ですが、戦場に身を投じれば冷酷にかつ的確に敵をなぎ倒していく男らしさを見せます。
そもそも大部隊の隊長という重要な立場ながら、自ら敵大将目掛け前線で戦う姿には惚れ惚れしますよね!

最前線に立ち、ともに戦う

戦争孤児から大部隊の隊長にまで上り詰めた輪虎。いわば将軍です。
普通であれば部下に指示をし、自分は本陣営に身を構えるものですが輪虎は違います。
自らが率先して前線に立ち、敵陣営に突撃し将軍を討つ勇猛さを見せました。

このように部下に仕事を指示するだけではなく、自分から行動を起こす事も重要です!
そもそも敵陣に突撃という大胆さは自分は負けることがないという自信から来ています
自信は今までの積み重ねで付くもので、輪虎が武術や自分と向き合い苦しみ、それでも負けることなく修行に励んできたというのが読み取れますね。

どれほど偉くなろうとも前線に立ち、部下とともに戦う。
自分の保身より部下を思う人は誰が見ても男だと思います!

見極める力と行動力

主人公である信と輪虎の最終決戦である21巻から22巻にて
輪虎は自分が乗っていた馬と左手を失ってしまいます。
それほどの激闘をし、痛手を負ったにもかかわらず次の日も戦いに身を投じます。
自分の左手を失っても信を倒せば儲けものだと考えたからだと思います。

時にはどうしても何かを犠牲にしないと成果が得られない時があると思います。
その時に完璧を諦め、まぁまぁな成果で納得する。というよりも
犠牲を払って、それ以上の成果を上げるという大胆不敵さや
自分の納得のいくラインを瞬時に見極め、決断し行動する。ことの方が男前ですよね!

まとめ

今回は輪虎の生き方と男の理想像について書いていきました。

外面的要素は

  • 普段は物腰を柔らかく、親しみやすい
  • 仕事の時はストイックに妥協をしない

内面的要素は

  • 自分に芯がある
  • 何事も誠心誠意取り組む
  • 任せきりではなく、自分も一緒に取り組む
  • 高い決断力とすぐに行動に移す事

が輪虎から学べる理想の男像かと思います。

キングダムは歴史上の登場人物と実際の出来事を踏まえながら、自由に作られた作品です。一つ一つの戦いの規模や将軍の強さ、そこにある人々の想いなどが入り交じる
熱く、読んでいて楽しいものになっています。

アニメもamazonプライムビデオやdtvなどで配信されていますので興味があれば1度見ていただきたいなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました