【キングダム】信から学ぶ男前になる3つの特徴!!

メンタル
この記事は約6分で読めます。

週刊ヤングジャンプに連載中の大人気漫画キングダム

2012年にアニメ化スタートしてから、2019年には実写映画化し、2020年4月からアニメ3期も始まって、話題沸騰中の漫画です。

信といったら、バカとか猪突猛進とか直感的などといったイメージもあるかもしれません。

しかし、河了貂、羌瘣(きょうかい)、陽ちゃん、翡翠(ひすい)などといった多数の女性たちからモテていて、飛信隊の仲間のように男性からも人気や尊敬を集める、そんな男前なのが信なのです。

今回はそんな男からも女からも憧れる信の魅力について紹介していきたいと思います。

キングダムとは

漫画『キングダム』とは、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2006年9号より連載している今話題沸騰の大人気漫画です。

原泰久先生により描かれていて、単行本販売部数は57巻発売時点で累計6,400万部を突破しています。

2012年にアニメ化され、2019年に50巻達成を記念して山崎健斗さん主演の実写映画が劇場公開されました。

キングダムの時代背景

紀元前3世紀の古代中国の春秋戦国時代末期、戦国七雄(秦・趙・魏・韓・楚・斉・燕)の最西端にある大国秦を舞台にして、後の始皇帝となる秦王政と、秦の武人である主人公・信(のちの李信)の活躍を中心に描かれている中国歴史漫画です。

戦乱の世が約500年間続いてきましたが、今まで不可能だと思われていて中華統一を秦王政が成し遂げ、またその矛となった信の2人が活躍する物語です。

キングダム主人公”信”の生い立ち

信は戦争で親を亡くし城戸村で下僕として働いていました。そこで漂(ひょう)という同世代の少年と出会います。同じ下僕だった漂(ひょう)が目指していたのは天下の大将軍。信も同じ大将軍を夢見るようになり、毎日激しい鍛錬をしていました。

ある日突然、漂(ひょう)は昌文君に召し抱えられましたが、王弟の反乱に巻き込まれて死んでしまいました。

漂(ひょう)の死から、秦王政と出会い、王弟の反乱を鎮圧し、小さな土地と家を手に入れ、武将としての一歩を踏み出し始めます。

蛇甘平原(だかんへいげん)の戦いで初陣を飾り百人将に昇格しました。馬陽防衛戦では、王騎(おうき)から特殊な任務を受け、その際に飛信隊という隊の名をもらい趙の将軍を打ち取りました。

その後も、山陽攻略戦でも、合従軍との防衛線でも,著雍争奪戦でも着実に武功を上げていき、千人将、三千人将、五千人将と夢の天下の大将軍への道に近づいています。

人を引き付ける信の3つの魅力

(『キングダム』47巻より引用)

そもそも信ってどんな性格なんでしょうか?

これに解答すると、天然、短気、考えるより体が先に出るといった直感型、頑固といった面もありつつも、真面目で素直、努力家、優しい、義に厚いなどの面もあります。

その中でも男性にも女性にも憧れるような存在になる、信の特徴を3つ紹介してきます。

集団の士気を高める力

信の魅力の1つ目は、何でも吸収し集団の士気を高める力です。

信は下僕という身分出身から、大将軍を目指していたので、戦いに関する知識がありませんでした。しかし、信の血気盛んさは、隊を率いる立場となってからは、部隊を鼓舞する要因となっています。

それでも日々の戦いや王騎将軍、麃公将軍、羌瘣(きょうかい)といった出会いから、戦術や人としての生き方などを学び吸収していきました。特に王騎将軍の修行や戦を経験する中で、将軍として集団を率いるには、

戦場を広く見渡す能力

も必要だと認識するようになります。

このような能力は、実際のビジネスとしても活用できます。

例えば、5人チームで何かを成し遂げたいときに、リーダーが先陣に立った場合と、リーダーが指示出している場合とどちらの方が部下としてはやる気が上がりますか?

これに解答すると、リーダーが先陣に立ってくれたほうがやる気が上がりますよね。

信は自らが先陣に立って、部下を奮い立たせる能力、集団の士気を高めることができるからこそ、部下を奮い立たせることができるのです。

正義感が強く仲間思い

(『キングダム』18巻より引用)

信の魅力2つ目は、正義感が強く人を大切にすることです。

信には「礼儀作法を知らない」という面があります。そのため、秦王に即位した政に対しても呼び捨てをしてしまいます。

普通ならすぐに死罪にされてもおかしくない状況ですが、幸いにも政と仲が良く、下僕という身分で礼儀作法を学ぶことができなかったということも考慮されたからこそ、処罰は受けてきてないのかもしれないですね。しかし、これは

信の強みでもあります。

どんなに相手が格上でも、ひるむことなく正々堂々と勝負し、意見を言うことに躊躇しないという強みにもなります。

例えば、山陽攻略戦の時に、信は三百人将で、他の部隊の千人将つまり、信の上官にあたる人が凌辱や略奪を働いていたため、信は上官を殺してしまいました。

その時、信は「飛信隊の信はどんな理由であろうとクソヤロォは絶対に許さねェ!!相手が千人将だろうが将軍だろうが王様だろうが関係ねェ!!それがこれまでもこれからもずっと変わることがねェ俺の戦い方だ!!」(『キングダム』18巻より引用)という名言を残しています。

正義感が強く、男でも惚れるようなシーンだったのではないでしょうか?

また、秦王政が暗殺されそうな時は、命を張って守る場面もありました。

このような正義感が強い面もありつつ、仲間を大切にしている信だから、飛信隊の隊員も命を張ることができるのではないのはないでしょうか。

将来の夢への努力

信の魅力3つ目は、将来の夢への努力です。

信は下僕時代、短期で人の言うことを聞かない生意気な少年でしたが、漂との出会いにより大将軍になることを目標に成長していきます。

自分よりも強い人と戦うたびに成長し、修行に真面目に取り組み、夢のためには努力を決して欠かすことがないのです。

日々の戦いの野営地でもよく羌瘣(きょうかい)と二人で剣技を鍛錬していて、自分の力を常に磨き上げています。

このような努力が、自分より格上の者と戦っていても、

火事場の馬鹿力を発揮することができるのです。

ビジネスの際も同じで、コンペなどで争うときに、日々の業務とか自分磨きをすることが大切です。そうすることで自分に自信を持ち、コンペ本番に向かうことができて、普段以上の力を出して、結果的に勝つことができるのです。

そのためには、信のように大きな夢を持ち、努力を怠らない人は、人間的に魅力に感じるのではないでしょうか。

まとめ

今回は『キングダム』の主人公である信について説明していきました。

信の特徴として

  • 味方の士気を高めることができるか
  • 正義感が強く、自分の信じた道を進み、仲間を大切にしているか
  • 将来の大きな目標を持ち、それに向かって日々の努力を怠らないか

上記を意識して日々行動していくことで、信のような男前で自分にまっすぐな人になるのではないでしょうか。

是非男性にも女性にも憧れを抱いてもらえる人になれたらなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました