【高級ノート】オシャレな上に持ち運びに最適なB6ノート3選!

アイテム
この記事は約4分で読めます。

「オシャレでサッと持ち運べるノートが欲しいな…」
「プライベートでちょっとだけメモしたい時に使えるノートはないかな…」

そのようなふうに思ったことはないですか?

ここでは、そんな悩みの解決に一役買ってくれる大人なB6サイズの高級ノートをご紹介します。

高級ノートとは

高級ノートとは、ザックリ言うと少し値段が高く、紙質も良いノートのことです。

あなたもこだわりのノートを1冊は持ちたいですよね⁈こだわりの1冊は、持ち運んでこそ、愛着が湧いてきます。

人それぞれ好きなサイズがあるかとは思いますが、この記事ではB6サイズをピックアップしたいと思います。

B6サイズについて

B6サイズのノートには、どのようなイメージがありますか?

特徴を書き並べてみました。

  • B6の大きさ:横128mm×縦182mm
  • ちょっとメモするのに最適
  • 狭いところでも邪魔にならない
  • カバンだけでなく、ポケットにも入る

以上のような特徴がありますね。
やはり、小さくて持ち運びに最適なサイズという印象です。

オススメのB6高級ノート3選

それでは、早速ですが私がオススメする3つのB6高級ノートを紹介したいと思います。

  • マークス EDit
  • ZEQUENZ ジークエンス360
  • モレスキン クラシックノート

大人なB6ノート #1 「マークス EDit」

まず1つ目にご紹介するのは、マークス EDitです。

  • 5つのカラーバリエーション
  • イタリア製合皮レザーの表紙
  • 240枚
  • 5mm方眼
  • ブルーの線が特徴的

イタリア製合皮レザーが上品な高級感を醸し出していて、思わず手に取りたくなります。

中身は、ブルーの5mm方眼タイプで、文字だけでなく、図表なども書きやすいです。紙質も、裏抜けなどせず、かなり評判が良いです。

240枚というボリュームなので、たっぷり書けます!また、今回紹介するノートに共通しているのですが、180度フラットに開くので書きやすいです。

カバンに入れてもオシャレですし、パッと開いたときにブルーの線が見えるのもカッコイイですよ。

大人なB6ノート #2 「ZEQUENZ ジークエンス360」

2つ目にご紹介するのは、ZEQUENZ ジークエンス360です。

  • 黒、白、赤の3種類
  • 200枚
  • 4mm方眼
  • シンプルで飽きの来ない人口皮革の表紙
  • 柔軟性と耐久性に優れている

シンプルで飽きの来ない表紙で、過度のない丸みを帯びた背表紙は美しさを感じます。200枚という枚数なので、たくさん書くという人も安心できますね。

結構分厚いですが、このノートは柔軟性に優れており、表紙ごとくるっと丸めることもできます。360度に開くというのが名前の由来なようです。リングノートのように折り返して書くこともできますね。柔らかい上に耐久性もあるのが、特徴ですね。

少し小さめの4mm方眼になっており、紙質もよく、書きやすいです。書く時も180度に開いてくれるので、ストレスなく快適ですね。

持ち運びやすいサイズな上に、折り返せるのでスペース狭い場所できるノートだと思います。

大人なB6ノート #3 「モレスキン クラシックノート」

最後となる3つ目にご紹介するのは、モレスキン クラシックノートです。

  • 黒、赤、緑、青など8種類
  • ハードタイプのシックな表紙
  • 240枚
  • 方眼、横罫、無地
  • 長年、多くの芸術家に愛されてきた

高級ノートと言えば、お馴染みのモレスキンです。ピカソやヘミングウェイという多くの芸術家が愛用していたノートです。今でも、大きくの起業家やビジネスマンに愛用されています。

今回紹介するクラシックノートは、ゴムバンド付きのハードカバーの表紙が何とも言えない佇まいで、魅力的です。こちらもEDitと同じく、240枚というボリュームです。メモする量が多い人は、枚数も多いものを選びましょう。

一方、その書きやすさですが、他の2冊ほど書きやすくはない印象です。筆記用具との相性もあるようですが、好き好きだと思います。個人的にデザイン重視として、オススメです。

まとめ

今回は、B6サイズの高級ノートをご紹介しました。

最後におさらいしておきますね。

  • B6サイズは携帯して、ちょっとメモするのに最適
  • 大人なB6ノート #1 「マークス EDit」
  • 大人なB6ノート #2 「モレスキン クラシックノート」
  • 大人なB6ノート #3 「モレスキン クラシックノート」

B6サイズは、いつでもどこでもヒョイと持っていけます。デザインや質感などで好みが分かれるかと思いますが、是非お気に入りの1冊を見つけてみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました