【ワンピース】ゾロから学ぶ男前な特徴3選!!

メンタル
ワンピース33巻より引用
この記事は約5分で読めます。

1997年より漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」にて連載中の大人気漫画『ONE PIECE(ワンピース)』。海賊王を夢見る主人公のモンキー・D・ルフィとルフィ率いる“麦わらの一味”の、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る冒険漫画です。

壮大な世界観で繰り広げられる大迫力なバトルや仲間たちとの熱い友情で、人気を博しています。

2015年には「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定されました。2019年3月時点では、海外42か国以上に翻訳され、全世界の累計は4億5000万部を突破する大ヒットを記録しています。

今回は、ワンピースの中の麦わらの一味の副船長、ロロノア・ゾロの魅力についてご紹介していきたいと思います。

ゾロのプロフィール

  • 麦わらの一味:戦闘員(剣士)
  • 異名:海賊狩りのゾロ
  • 夢:世界一の剣豪
  • 懸賞金:6000万ベリー→1億2000万ベリー→3億2000万ベリー
  • 年齢:19歳→21歳
  • 誕生日:11月11日
  • 身長:178cm→181cm
  • 血液型:XF型
  • 出身:東の海(イーストブルー)・シモツキ村
  • 好物:白米、怪獣肉、酒の肴
  • 嫌いなもの:チョコ(甘すぎる}

ロロノア・ゾロは、麦わらの一味にして世界最強の剣豪を目指す男で、短い緑色の髪の毛に、左耳の三連ピアスをつけています。クールでストイックな武士道精神の持ち主なのです。日々修行に励む努力家な姿勢と、筋骨隆々の肉体は男前の一言に尽きます。

貫き通す鉄の信念

ワンピース1巻より引用

ゾロの魅力1つ目は、信念を曲げないことです。

ワンピースの中で、ルフィとゾロの出会いは、感動的なものでした。はりつけになっているゾロに、ルフィは「お前、悪者か?」と、問います。

「おれは おれの信念に後悔するような事は何一つやっちゃいねぇ!」

この言葉を聞いたルフィは、ゾロの強い覚悟と人格に惹かれて仲間に誘っています。

人に馬鹿にされても、無駄と言われても、自分の信念の基に行動していれば、気にすることはないと言い切るのは、男の中の男といえるでしょう。しっかりと「自分」を持ち、夢や目標のために修羅の道をも選ぶ信念は、勇気あふれる男の姿だと思います。

何よりも大切にする仲間

ワンピース50巻より引用

ゾロの魅力の2つ目は、仲間想いということです。

仲間想いのエピソードを2つ紹介していきたいと思います。

神を信じなくても、自分と仲間を信じる

ワンピースの作中で、麦わらの一味が空島に行った際、神と名乗るエネルが空島を支配していて、神の存在が絶対だと聞いたにもかかわらず、神には祈らず、「信じるのは己と仲間だけだ。」と言い放ちました。

その後、神の配下である神官を切り伏せて、エネルとの戦いは、ルフィに託します。

仲間との信頼関係があるからこそ、助け合って成し遂げていくことができるのですね。

チョッパーへの厳しい言葉からわかる仲間想い

ワンピースの中で、チョッパーがフォックス海賊団に奪われ、麦わらの一味に戻りたいと涙を流すシーンがあります。ゾロは、チョッパーのその姿を見て、「フンドシ締めて勝負を黙って見届けろ」とチョッパーに伝えます。

強い言い方の中にも優しさを見ることができる感動的な言葉だと思います。いかなる時も

信じた仲間のために行動することができます。

そのため、チョッパーに対して黙って見届けろといった男気溢れる言葉を言えたのではないでしょうか。

このような生き様が麦わらの一味をより強くし、また、信頼関係も深めていくのですね。

プライドより大きな夢がある

ワンピース61巻より引用

ゾロの魅力3つ目は、大きな夢を持っていることです。

そもそもゾロにとっての大きな夢とはなんでしょうか?この疑問に解答すると、幼いころのライバルであるくいなの夢、「世界一の剣豪になること」が夢なのです。

世界一の剣豪になるために日々の努力を怠りません。夢のためには、どんなことでもやってしまうことも魅力の1つです。熱い心の持ち主はかっこいいのではないでしょうか。

そのようなシーンを2つ紹介していきたいと思います。

ゾロとミホークの初対戦と男気

世界一の剣豪になるためには、世界最強の剣士「鷹の目」の異名を持つジュラキール・ミホークを倒さなければいけません。ミホークを探す旅をしていた時に、ルフィと出会います。そして、ミホークが初めて戦った際、小刀のみのミホークに圧倒されてしまいます

剣士としての心意気を評価したミホークは、世界最高の黒刀「夜」を抜き、ゾロは奥義「三・千・世・界」を繰り出しますが、敗北してしまいました。

その後、逃げるのではなく、「背中の傷は剣士の恥」といって堂々と真正面からミホークに斬られます。ミホークもゾロのただならぬ想いに心打たれます。

このように、夢のために世界最強の剣士に挑むが、潔く負けを認めて死を恐れない姿は、魅力的なのではないでしょうか。

強くなるためには因縁の敵にすら教えを乞う

ゾロは因縁の相手ミホークと、シッケアール王国跡地で再会します。仲間を守る強さを得るために、プライドを捨て、ゾロは土下座して「おれに剣を教えてくれ」と倒すべきミホークに教えを請いました。

熱意が認められ2年間の修業を終えて、武装色の覇気を扱えるようになり、ますます強い男になり、剣士として、更なる高みを目指していきます。

大きな夢を持つ男、修業して、夢をかなえる男、ただひたすらなりふり構わず精進する男は、魅力的なのではないでしょうか。

まとめ

今回はゾロの魅力について紹介してきました。

  • 何があっても信念を曲げない
  • 信頼できる仲間がいて、仲間想い
  •  大きな夢を持ち、いつも男気を忘れず、夢をかなえようと努力。

上記が男前な魅力だと思います。上記の特徴を意識することで男前な人になれるのではないでしょうか。

ゾロのように、仲間思いで強い人間になれたらなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました